2013年11月09日  PHR協会発足記念講演会を開催いたしました。

PHR協会は11月9日(土)13:00から東京・外苑前のTEPIAで
「どう活用する? 健診・健康管理分野でのPHR」
というテーマで発足記念講演会を開催いたしました。

プログラムは次の通りでした。

1 大神 明(PHR協会代表理事, 産業医科大学教授)
  「PHR協会の活動について」

2 吉田勝美先生(一般社団法人日本総合健診医学会 副理事長)
  基調講演「予防医学におけるPHR」

3 佐々木敏雄様(バイオコミュニケーション株式会社 企画室長)
  「中小企業の産業保健とPHR」

4 森口次郎先生(京都工場保健会 産業医)
  「健診機関と産業医の連携や健診情報の有効活用」

5 藍原雅一先生(自治医科大学 地域医療学センター 講師)
  「時空ID・PHRを活用したEHRの構築」

6 吉原博幸先生(京都大学名誉教授)
  指定発言「EHR実現のための課題」

7 ラウンドテーブル:
  司会:安藤裕(PHR協会理事, 放射線医学総合研究所 重粒子医科学研究センター病院院長)
  全講師及び指定発言者
  「PHRへ期待すること」

今回の講演会には、

・PHR事業を運営、計画、検討されている企業のかた
・全国各地の健診機関のかた
・産業医
・医療情報関係の研究者

など、多くの参加者にお集りいただきました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

過去のお知らせ一覧へ