2019年02月27日  第7回PHR協会講演会(2019年2月27日(水)東京)を開催いたしました。

第7回PHR協会講演会を下記のとおり開催いたしました。多数のみなさまのご参加、まことにありがとうございました。

  • 日本医師会認定産業医研修会(生涯研修、専門3単位)
  • 医療情報技師 資格更新ポイント 3ポイント

「個人健康管理基盤としてのPHRのあり方と活用への期待」

我が国は高齢化社会を迎え、労働者人口の減少などによる定年延長が影響し疾病を有して働く労働者が増加しています。その対策として「治療と仕事の両立支援」を効果的に実行し、健康寿命を延長することが求められます。健康寿命の延長には、国民ひとり一人が自分の健康づくりに関心を持ち、健康および健診情報を日頃から活用し 行動変容まで導くことが重要です。今回メインテーマを「個人健康管理基盤としてのPHRの在り方と活用への期待」とし、現在、厚生労働省をはじめとする政府各省庁でのメインの施策とされている「がんと就業の両立支援」及び「データヘルスとコラボヘルス」などの運用の現状と今後の進め方について各機関のご報告をいたします。

日時:
 2019年2月27日(水)13:00から17:00まで

会場:
 TEPIAホール
 東京都港区北青山2丁目8番44号

会場アクセス:
 東京メトロ銀座線「外苑前」駅 3番出口から徒歩4分
 tepiamap0005

プログラム:

13:00 ごあいさつ
13:10 日本における「がんと就労の両立支援」活動の現状とこれから 国立研究開発法人 国立がん研究センター がん対策情報センター がんサバイバーシップ支援部長 高橋 都 先生
14:10 日立健康保険組合におけるデータヘルスとコラボヘルスの現状と今後 日立健康保険組合担当部長 根岸 正治 様
15:00 netPDIによる健康情報のネットワーク連携とその事例 PHR協会理事 アレイ株式会社代表取締役社長 阿部 聡
15:25 休憩
15:45 ラウンドテーブル1
ふくおか健康づくり県民会議の現状報告
PHR協会代表理事 福岡産業保健総合支援センター所長 織田 進
16:00 ラウンドテーブル2
全講演者参加により、健康づくりに必要な機関(病院・健診機関・企業)の 連携において追加すべき情報などを報告します。
各演者
司会:日本IHE協会代表理事 PHR協会理事
埼玉メディカルセンター放射線治療科診療部長 安藤 裕
17:00 終了

参加費:
 PHR協会会員:無料ですが、お申し込みが必要です。
 会員以外のかた:3,000円

参加方法:
 このリンクからお申し込みください。2月22日(金)まで受け付けております。

お問い合わせ先:
 一般社団法人 PHR協会 事務局
 www.phrj.org
 info@phrj.org
 fax:045-517-3246

過去のお知らせ一覧へ